自動車関連企業電動化参入支援センター

自動車関連企業電動化参入支援センター

NEWS
【2/13開催】次世代自動車研究会セミナーのご案内

自動車関連企業電動化参入支援センターのご案内

カーボンニュートラルやCASEの潮流など、自動車業界は100年に一度の大変革期を迎えています。
特に電動化については、2035年に新車販売で電動車100%の目標が定められ、今後カーメーカーの取組みも加速することが見込まれます。

こうした状況を受け、経済産業省では、自動車の電動化の進展に伴って需要の減少が見込まれる自動車部品(エンジン、トランスミッション等)の サプライヤーが電動車部品の製造に転換する、軽量化等の技術適応に挑戦するといった「攻めの業態転換・事業再構築」の取組に対する伴走型の支援を行うため、 全国各地に支援拠点を設けることとし、(公財)福岡県中小企業振興センターは、九州地域支援拠点として「自動車関連企業電動化参入支援センター」を設置し、その運営を行うこととしました。

「自動車関連企業電動化参入支援センター」では、九州の自動車サプライヤー等の電動化分野への参入を図るため、各社の技術やフェーズを踏まえ、きめ細かに支援いたします。

支援対象

電動化分野への参入を検討している九州の自動車サプライヤー等

支援内容

minor_crash相談窓口

センター内に常駐するコーディネーター(現役の自動車メーカー社員等)が電動化分野への参入に関し、 各サプライヤーが抱えている経営課題分析、事業転換に向けた戦略策定、技術開発等の各種相談に応じます。

minor_crash専門家派遣

サプライヤーの相談内容に応じて、専門家派遣や各種支援機関との協力により、課題の解決を目指します。
(※専門家派遣の回数に制限がある場合があります)

minor_crash人材育成

電動化分野への参入に必要な技術動向等に係るセミナー等を開催し、最新情報を提供します。

お問い合わせ先

phone_enabled092-402-5001
受付時間/10:00〜16:00(平日)
トップへ戻る